千葉市の外壁塗装・塗替えなら、専門店「塗専」にお任せください。

外壁塗装は大切なお住まいを紫外線や風雨から守るために欠かせないものです。新築の建材でも、年月の経過とともに塗膜は劣化するもの。そこで定期的な塗装と適切なメンテナンスが大切なのですが、はじめての外壁塗装には不安もたくさんあることと思われます。ここではお客様の不安を少しでも解消するべく、外壁塗装について詳しく解説していきます。大切なお住まいを長持ちさせるお手伝いができたら幸いです。

外壁塗装とは

外壁塗装の目的は建物の美観を保つだけではありません。建物は塗装の膜によって守られており、適切なメンテナンスを行なうことで、お住まいの寿命を延ばすことにもつながります。新築の住居ではすでに塗装された建材を使用しますが、その塗装も年月の経過により塗膜は劣化するものです。そこで定期的に塗装を施すことが重要となるわけです。外壁の適切なメンテナンスは千葉市「塗専」にお任せください。専門スタッフが無料診断いたします。

こんな症状は塗り替えのサインです

✔ 外壁にひび割れ(クラック)や亀裂が出ている
✔ 塗装が剥がれてきている
✔ カビや藻・コケが生えてしまった
✔ 触ると手に白い粉がつく(チョーキング現象)
✔ 色褪せが目立つようになった
✔ 紫外線や酸性雨で色褪せている箇所がある
✔ ツヤがなくなった
✔ 表面に小さな穴ができている
✔ 新築で建ててから10年以上経過した  など
▶チョーキングとは

一般的に外壁の塗替えの目安は10~15年といわれています。しかし、既存の塗料の性能や環境により塗替え時期は大きく変わってきます。一つの目安として、上記のような症状が出たら塗替えのサインです。適切な処理が早めに必要な場合もありますので、お早目にご相談されることをお勧めします。

外壁の種類と塗装時期の目安

主な外壁の種類とその特徴、塗装時期の目安です。あくまでも目安ですので、建築条件や立地など環境により時期は異なります。

種類メリット・デメリット主な劣化症状塗装の目安
窯業系サイディング<メリット>
・バリエーションが豊富
・低価格
・工期が短い
・防火性に優れている 
<デメリット>
・コーキングが劣化しやすい
・補修しづらい
・吸水性が高い 
・コーキングの劣化
・色褪せ
・変色
・チョーキング
・ボードの反り・変形
・浸水トラブル
(ひび割れ・腐食・内部爆発)  など
10年前後
金属系サイディング<メリット>
・低価格
・断熱性・耐震性・耐凍害性に優れている 
<デメリット>
・傷つきやすい
・凹むと直すのが難しい
・サビが発生しやすい
・酸性雨、塩害被害を受けやすい 
・チョーキング
・サビ
・浮きあがり
・剥れ など
10~15年
モルタル<メリット>
・デザイン性に優れている
・耐久性に優れている
・補修・修繕が容易
・サイディングのような繋ぎ目がない 
<デメリット>
・防水機能が無い
・工程が複雑でコストが高い
・ひび割れが起こりやすい
・汚れが目立つ
・ひび割れ・欠け
・チョーキング
・色褪せ・変色
・カビ・藻・コケ
・剥がれ
・腐食による落下 など
10年前後
ALCコンクリート<メリット>
・強度と耐久性、防耐火性、断熱性、遮音性に優れている
・デザイン性が高い
・高級感ある見た目
<デメリット>
・価格が高い
・防水効果がなくなると、専門的な改修が必要
・割れ(クラック)・欠け
・コーキングの劣化
・内部鉄筋の亀裂、破損
・カビ・藻・コケ
・浸水トラブル(変形、腐食、内部爆発) など
10~15年

外壁のリフォーム方法

外壁リフォームの方法には、塗替えの他に重ね張りや張替えなどさまざまな工法があります。
塗り替え
モルタル壁・サイディング外壁・ALCボードなど、どの壁材でも必要となるのが塗り替えです。特にモルタル壁は経年劣化でひび割れ(クラック)が起こることが多く、放置したままいるとひびから雨水が家内に浸入し、建物全体を傷めてしまいます。そのため、ひび割れがある場合は適切な補修し、塗装をします。

重ね張り
モルタル壁やサイディング外壁などの既存の外壁の上に、新しいサイディングを重ねて張る方法です。新しいサイディングを重ねて張るため多数の外壁材から選ぶことができ、家のイメージをガラリと変えることができます

張り替え
モルタルやサイディングが激しく劣化している場合、外壁材を剥がし、下地からやり直す必要があります。断熱材や防水シートの施工、木材の取り替えなどを行ってから新しい外壁材を張ります。廃材処分や下地工事があるため費用は最も高くなります。

外壁の傷んだ部分のみ修復
モルタル壁のひび割れ部分だけを修理したり、サイディングのつなぎ目のコーキング部分を補修したり、部分的に補修する方法です。外壁全面をリフォームするよりも安価ですみますが、耐久年数は短くなる場合もあります。いずれは全面リフォームが必要ですので、部分的に補修するのか全面リフォームするのかの判断はご相談いただければと思います。

塗装or張替え? そのメリット・デメリット

外壁リフォームを考える際、「塗り替え」にするか「張り替え」にするか悩まれる方も多いでしょう。そのメリット・デメリットをまとめましたのでご参考にしてください。

メリットデメリット
塗り替え・低価格
・工期が短い
・さまざまな塗料から選べる
・選ぶ塗料により耐久性がかわる
・一定周期で塗り替えが必要
張り替え・お住まいのイメージをガラリと変えられる
・下地・断熱材など内部の状態も確認できる
・耐久性が高くなる
・工期が長い
・費用が高い
・耐久年数が過ぎたら塗り替えが必要

大切なのは、それぞれのお住まいの外壁の状態・症状・築年数から総合的に判断することです。費用がかかる外壁リフォームのメンテナンスですが、適切な時期に適切な処置をすることで長く維持することができます。当社の専門スタッフにお気軽にご相談ください。

外壁の塗料の種類

塗料にはさまざまな樹脂でできたものがあり、その樹脂の種類によって耐久性や性質などその特徴が異なります。

耐久年数防汚染性防藻・防カビ耐久性コスト
水性ハイブリッド塗料10~12年
★☆☆☆
★☆☆☆
★☆☆☆
★★★★
ハイブリッド塗料10~15年
★★☆☆
★★☆☆
★★☆☆
★★★☆
遮熱シリコン塗料10~15年
★★★☆
★★★☆
★★★☆
★★☆☆
フッ素塗料15~20年
★★★★
★★★★
★★★★
★☆☆☆

※塗料メーカーや種類により表記に多少の誤差があります。
※住環境により、防藻・防カビ・防汚染性には差が出ます。
※一般的によく使われる塗料の代表例であり、その他塗料もあります。

水性ハイブリッド塗料はこんな人におすすめ!
安くて品質の良いものを選びたい
ハイブリッド塗料はこんな人におすすめ!
安く抑えたいが耐久性も欲しい
遮熱シリコン塗料はこんな人におすすめ!
光熱費を抑えたい。高すぎるのは困るが費用対効果の高い塗料を選びたい。
フッ素系塗料はこんな人におすすめ!
工事の回数を減らしたい。高価でも耐久年数から長期的に見て安い塗料がいい。

私たち塗専は、長年の経験から皆さまのお家にあった塗料選びをお手伝いいたします。
塗専の外壁塗装プラン&価格はこちら

塗専こだわりの塗料

ここでは塗専で使用しているおすすめ塗料の一部をご紹介します。

【フッ素塗料】ファイン4Fセラミック

4フッ化エチレンを主成分としたフッ素樹脂塗料「ファイン4Fセラミック」は、従来の3フッ化フッ素樹脂塗料に比べ表面張力が低く、非常に耐候性に優れた究極のフッ素樹脂塗料です。

超耐候性
4フッ化フッ素とセラミック変形樹脂(無機系)を組み合わせにより、非常に優れた高耐候性と低汚染性を実現した究極のフッ素樹脂塗料です。

超低汚染

セラミック変形樹脂(無機系)による超親水化技術が、非常に優れた超低汚染性を実現します。

防藻・防カビ
藻・カビの発生を抑え、建物の美観と清潔な環境を守ります。

環境にやさしい
鉛などの重金属を配合していません。もちろんホルムアルデヒド・クロルピリホスも配合していません(F☆☆☆☆)。また、弱溶剤系であるターペン可溶形塗料のため臭気もマイルドです。

【遮熱シリコン塗料】ファインサーモアイウォールSi

ターペン可溶2液形シリコン系樹脂外壁用高日射反射率(遮熱)塗料、ファインサーモアイウォールSiは弱溶剤シリコン系樹脂タイプです。淡彩~中彩域まで調色でき、つや有り・5分・3分つやのつや調整が可能です。

上塗り、下塗りダブル反射による塗膜トータルでの高い遮熱性能

上塗りには「赤外線透過テクノロジー」を採用。上塗り層では反射できない赤外線を透過させることで、反射性能を有するサーフ・シーラーの遮熱効果を最大限に発揮。上塗り下塗りダブル反射で従来塗料よりも高い遮熱性能を誇ります。

高耐候性、低汚染性、防藻・防カビ、透湿性により長時間にわたり遮熱性能と建物を維持
遮熱性能は、塗膜表面に汚れが付着したり、色相が変化することで低下してしまいますが、サーモアイウォールの持つ高耐候性、低汚染性、防藻・防カビ、透湿性によって、長時間に渡って遮熱性能を保持し、建物を守ることが可能となりました。

【ハイブリッド塗料】ファインパーフェクトトップ

ファインパーフェクトトップは、ターペン可溶1液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料。新技術「ラジカル制御」によって、ラジカル分子を「高耐候酸化チタン」内に封じ込め、チョーキング等の塗膜の劣化現象を抑制する事に成功した次世代型水性塗料です。

ラジカル制御技術

高耐候酸化チタンと光安定剤によるW効果で耐候性を高める「ラジカル制御」技術により、紫外線に強い強靭な塗膜を形成し、塗りたての美しさを長期間保ちます。

高いレべリング性と美しいツヤ
粘性調整によりレべリング性(均一に平らになる力)を向上させ、美しいツヤが得られます。

防藻・防カビ機能
防藻・防カビ機能で、いやな藻やカビ菌の発生を抑制します。

低汚染性
親水化技術により、雨だれ汚染に対し優れた効果を発揮します。

【水性ハイブリッド塗料】パーフェクトトップ

パーフェクトトップは耐候性に優れた水性ハイブリッド塗料です。水性塗料のため環境に優しく、取り扱いが容易なのも特徴です。

優れた耐候性
紫外線による塗膜劣化対策として独自の「ラジカル制御」技術により、非常に優れた耐候性を実現。

美しいツヤ
ポリマーが塗膜間の隙間を埋めるため、緻密でなめらかな塗膜形成が可能となり、優れた光沢性を実現。ニーズに合わせ、しっとりとした落ち着きのある3分つや・つや消しなどつやの調整も可能です。

低汚染性
親水化技術により、雨だれ汚染に対し優れた効果を発揮します。

防藻・防カビ機能
バイオ技術による防藻・防カビ機能で、いやな藻やカビ菌の発生を抑制します。

透湿性
高い透湿性により、結露から建物を守ります。

私たち塗専は、長年の経験から皆さまのお家にあった塗料選びをお手伝いいたします。
塗専の外壁塗装プラン&価格はこちら

こだわりのローラー


外壁塗装や付帯部分の塗装に欠かせない道具がローラーです。塗専では塗料や塗装作業技術はもちろん、完成度の高い仕上がりに重要なこのローラーにもこだわりをもって仕事をしています。ここでは、当社で使用しているローラーの一部をご紹介します。

株式会社タイホウ 虎シリーズ

NEWマイクロファイバーローラー虎シリーズは、超極細繊維マイクロファイバーを使用し、塗料の飛散や泡立ちが非常に少なく、優れた仕上がりを実現した画期的な未来型ローラーです。
・毛抜けや毛のヘタリが少ない
・耐久性に優れている
・塗装面の馴染みが良い
・さまざまな塗料で美しい仕上がり

外壁塗装の色選び

お住まいの外観のイメージを左右する外壁塗装の色選びは、本来の目的である家を守ること以上に、家主様にとっては大切なことではないでしょうか。当社では経験豊富なスタッフが、お客様の好みや家のデザイン等を考慮し、後悔のない色選びをお手伝いいたします。

Point.1 周りの環境も考慮する
ご自身の好みのカラーであることが一番ではありますが、周りの環境との調和も大切です。少し離れた目線からお住まいを眺めてみるのもよいでしょう。
Point.2 汚れをカバーするカラーを選ぶ
汚れが比較的目立たず人気のカラーがベージュ系やブラウン系です。最近ではグレーも人気!塗料によっては汚れのつきにくい効果があるものもありますので、ホワイト系を選んでもよいでしょう。
Point.3 ツートンカラーの選択肢も
最近人気のツートンカラー。ブラウン×ベージュ、イエロー×ベージュ、ホワイト×ブラックなどモダンな印象を与えます。
外壁塗装の工程
①ご近所様へご挨拶

ご近所の方へ、外壁塗装をする旨をお知らせするご挨拶を行います。外壁塗装は、工事車両が出入りしたり、塗料独特の臭いがするため、挨拶回りはとても重要です。ご近所トラブルを生まないための防止策として、塗専ではお客様に代わって挨拶回りをさせていただいております。

②足場の組立て

職人が安全に塗装作業を行うための足場を組み立てます。また塗料の飛散防止のための覆いである「養生」や、「メッシュシート」なども取り付けます。足場の設置はとても重要な作業となりますので徹底した安全管理で臨みます。

③洗浄

高圧洗浄機で外壁のホコリや汚れ、チョーキング、カビ、藻、コケなどを落としていきます。濡れたまま塗装する事はできないため、洗浄後、乾燥期間を設けます。

④下地処理

下地処理は後の塗装の良し悪しを決める大切な工程の一つです。塗料を塗りやすくするために、ひび割れ(クラック)・塗膜の剥離・コーキング(シーリング)・金属部分のサビ・形が悪くなってしまっている部分を補修していきます。

⑤養生

サッシ、窓、玄関ドアなどの開口部、エアコン室外機、植物、車などに塗料が付着しないようビニールなどで保護します。

⑥下塗り

専用の塗料で下塗りを行います。下塗りをすることで中・上塗りの密着性を良くする大切な工程です。外壁の状態や材質によってシーラー、フィラー、プライマーなど様々な下塗り塗料を利用します。

⑦中塗り

下塗り塗料が完全に乾いたら中塗りを行います。中塗りと上塗りは同じ塗料を用い、同じ塗料を2回塗ることによって塗膜を分厚くし強度を高めていきます。

⑧上塗り

上塗りは、外壁の仕上がりと長持ちの決め手となる重要な工程です。丁寧に仕上げ塗りをすることで風雨や紫外線の影響を最小限に抑えることができます。

⑧点検・手直し

塗り残しや塗りムラ等がないかどうかしっかり点検し、お客様にもご確認いただきます。お客様がご納得いくまで、必要に応じて手直しを行います。

⑨足場解体・片付け

養生を撤去し足場を解体。産業廃棄物の片づけ・清掃などを行います。お客様と一緒に最終確認を行い、全ての作業は終了です。塗専なら、さらにアフターフォローも万全です。万が一不具合等がありましたら、ご連絡ください。すぐに駆けつけます。

付帯塗装とは?

付帯塗装とは外壁塗装と屋根塗装以外の付帯部の塗装の事です。

付帯部分○軒天 ○軒裏 ○雨樋 ○破風 ○破風板 ○鼻隠し ○通気口 ○雨戸 ○戸袋 ○笠木 ○霧除け ○庇 ○水切り ○シャッターボックス ○配管 など

付帯部の素材は木製や鉄製、塩化ビニール製などさまざまですが、塗装することで寿命を延ばすことに繋がります。例えば、軒天の防水が切れて雨漏りしたり、破風の劣化で塗料が剥がれて腐食してしまった場合、そのまま放置してしまうと建物内部にまで悪影響をもたらすことも。塗専では大切な家を守るため、外壁や屋根だけではなく、付帯部の塗装もしっかりと対応いたします。

安心の塗装業者選びのポイント

大切な住まいを守る外壁塗装は、信頼できる塗装業者を選ぶことが大切です。下記のチェック項目をご参考に信頼のおける業者を選択しましょう。即決は避け、納得のできる説明ができる業者を見極めましょう。

塗装業者選びのチェックポイント!
✔ 現地調査をきちんとしている
✔ 保証がしっかりしている
✔ 実績がある
✔ アフターフォローがしっかりしている
✔ 見積内容が明確
✔ 塗装の知識が豊富なスタッフがいる
✔ 所在地や連絡先が明確

相見積もりをとり業者を比較することもおすすめです。見積書に疑問等があったら、納得のいくまで説明を受けるようにしましょう。

千葉市の塗専はこれらの項目にすべて対応!見積りに関してもお客様がご納得いただけるまで丁寧に対応いたします。船橋市・佐倉市・四街道市・市原市など千葉県全域で施工実績多数。安心・信頼の外壁・屋根塗装業者「塗専」にどうぞ安心してご依頼ください。

塗専の安心保証

当社の職人は塗装のプロとして自信をもって仕事に取り組んでいます。こだわりの塗料と施工技術に自信があるからこそできる無料保証で、お客様を長期的にサポートさせていただいています。

【保証内容】
外壁塗装・屋根塗装「5年保証」!
木部・ベランダ防水「3年保証」!

不具合等がございましたら、いつでもご連絡ください。お客様の大切なお住まいだから、安心して生活できるお手伝いができれば幸いです。

事業内容

千葉市外壁塗装|塗専043-309-8405電話受付時間 9:00-18:00 [ 年中無休 ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。