塗装工事の最中は家がシートなどで覆われてしまうので、実際にどのような作業が行われているのかわかりにくく、不安に感じるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、外壁塗装の工事開始から、塗装完了後にお客様にお引き渡しするまでの一連の流れをご紹介致します。
外壁塗装や屋根塗装を行う前に、ぜひ一度ご確認下さい。
 

  1. ①ご近所様へご挨拶
  2. ②足場の組立て
  3. ③洗浄
  4. ④下地処理
  5. ⑤養生
  1. ⑥下塗り
  2. ⑦中塗り
  3. ⑧上塗り
  4. ⑧点検・手直し
  5. ⑨足場解体・片付け

 

  • ①ご近所様へご挨拶

     

    ご近所の方へ、外壁塗装をする旨をお知らせするご挨拶を行います。外壁塗装は、工事車両が出入りしたり、塗料独特の臭いがするため、挨拶回りはとても重要です。ご近所トラブルを生まないための防止策として、塗専ではお客様に代わって挨拶回りをさせていただいております。
  • ②足場の組立て

    職人が安全に塗装作業を行うための足場を組み立てます。また塗料の飛散防止のための覆いである「養生」や、「メッシュシート」なども取り付けます。足場の設置はとても重要な作業となりますので徹底した安全管理で臨みます。
  • ③洗浄

    高圧洗浄機で外壁のホコリや汚れ、チョーキング、カビ、藻、コケなどを落としていきます。濡れたまま塗装する事はできないため、洗浄後、乾燥期間を設けます。
  • ④下地処理

    下地処理は後の塗装の良し悪しを決める大切な工程の一つです。塗料を塗りやすくするために、ひび割れ(クラック)・塗膜の剥離・コーキング(シーリング)・金属部分のサビ・形が悪くなってしまっている部分を補修していきます。
  • ⑤養生

     

    サッシ、窓、玄関ドアなどの開口部、エアコン室外機、植物、車などに塗料が付着しないようビニールなどで保護します。
  • ⑥下塗り

     

    専用の塗料で下塗りを行います。下塗りをすることで中・上塗りの密着性を良くする大切な工程です。外壁の状態や材質によってシーラー、フィラー、プライマーなど様々な下塗り塗料を利用します。
  • ⑦中塗り

     

    下塗り塗料が完全に乾いたら中塗りを行います。中塗りと上塗りは同じ塗料を用い、同じ塗料を2回塗ることによって塗膜を分厚くし強度を高めていきます。
  • ⑧上塗り

     

    上塗りは、外壁の仕上がりと長持ちの決め手となる重要な工程です。丁寧に仕上げ塗りをすることで風雨や紫外線の影響を最小限に抑えることができます。
  • ⑨点検・手直し

     

    塗り残しや塗りムラ等がないかどうかしっかり点検し、お客様にもご確認いただきます。お客様がご納得いくまで、必要に応じて手直しを行います。
  • ⑩足場解体・片付け

    養生を撤去し足場を解体。産業廃棄物の片づけ・清掃などを行います。お客様と一緒に最終確認を行い、全ての作業は終了です。塗専なら、さらにアフターフォローも万全です。万が一不具合等がありましたら、ご連絡ください。すぐに駆けつけます。

千葉市外壁塗装|塗専043-309-8405電話受付時間 9:00-18:00 [ 年中無休 ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。